ライセンス移動(ライセンス管理)の方法【登録ユーザ向け】

「すぐ使えるCGI」のライセンス管理の概要

「すぐ使えるCGI」では、管理画面のURLごとにライセンスを管理しています。このため、設置場所を移動する場合は「ライセンス移動」をお願いします。

対象ユーザ

このページでは、ユーザ登録のある方がユーザIDを利用して購入した製品のライセンス移動を行う方法をご案内します。ユーザ登録が無い場合のライセンス移動方法は下記ページをご覧下さい。

ライセンス移動申請の方法(ユーザ登録していない場合)

ライセンス移動の方法

ユーザサイトにアクセス

「すぐ使えるCGI」サイトの「ライセンス管理」画面(下記URL)にアクセスして下さい。
https://sugutsukaeru.jp/ja/account/license_manage.html

メニューから辿る場合は、「ライセンス管理」→「利用中URL」とクリックして下さい。

ログイン(オプション)

ユーザサイトにログインしていなかった場合、ログインパネルが表示されます。ユーザIDとパスワードを入力してログインして下さい。

利用中URL一覧の見方

利用中URL一覧には、ログインしたユーザIDで利用しているURLが、テスト中のものや既に使わなくなったものを含めて全て表示されます。

フィルタの利用

目的のURLを見つけるために、適宜一覧の一番上にあるフィルタ欄を利用して下さい。

URLフィルタ

URLフィルタを使うと、Webサイト(ホスト)ごとに利用URLを表示できます。

ダウンロードIDフィルタ

ダウンロードIDフィルタを使うと、指定したダウンロードIDの製品を使用した事のあるURLのみが表示されます。ダウンロードIDは設置した製品の管理画面で確認して下さい。

ダウンロードIDの確認方法

フィルタボタン

一覧内のフィルタマークをクリックすると、同じ値の行だけが表示されます。

ライセンスの移動・停止画面に移動

管理したいURLが見つかったら、最右列にある「xxxx を管理」というボタンを押して下さい。

「xxxx」はダウンロードIDです。同じダウンロードIDの行が複数ある場合、どのボタンを押しても同じです。

ライセンスの移動・停止画面の見方

次の画面には、対象ダウンロードIDの製品で利用履歴のあるURLが全て表示されます。

表示されているURLの数が多い場合は、「予測URL」や「最終アクセス」欄のフィルタが使えます。なお、これらのフィルタは先頭から一致しないと機能しません。URLの場合は、「http」から始まるURLを入力して下さい。

URLの状態欄の表示

「URLの状態」欄が、現在どのURLが使われているかを表しています。

表示意味
利用中ライセンスが有効なURLです
超過追加で設置(コピーや移動)されたURLです
停止管理画面からの操作で明示的に停止されたURLです

ライセンス移動

利用中のURLを停止

ライセンス移動を行う場合は、まず現在「利用中」のURLの行に表示されている「ここでの利用をやめる」ボタンを押して下さい。

※管理画面が即座に停止しない場合がありますが、「状態」欄に「停止」と表示されていれば数日~1週間程度で停止します。

ボタンを押すと、(1)「変更しました」のメッセージが表示されます。また、停止または超過のURLの「管理」欄に (2)「ここで利用する」ボタンが表示されます。

利用する場所を指定

利用したいURLを選んで、その行の「ここで利用する」ボタンを押して下さい。

ボタンを押すと、(1)「変更しました」のメッセージが表示されます。また、(2)「URLの状態」欄が「利用中」になりますので確認して下さい。

動作確認

以上でライセンス移動は完了です。

一旦ブラウザのキャッシュをクリアしてから、設置した管理画面にアクセスして動作確認を行って下さい。

参考:ライセンス管理画面へのアクセス方法

設置した管理画面の「ライセンス情報」画面にボタンが表示されている場合、「すぐ使えるCGI」ユーザサイトにログインした状態でこのボタンを押すと、直接管理用ページが表示できます。以下のような表示です。

利用中(移動元)のURLに出る表示

超過(移動先)のURLに出る表示

継続契約で利用している時に出る表示

関連記事

「ライセンス移動」とは何ですか?

基本のマニュアル 購入とライセンス管理
「すぐ使えるCGI」では、設置場所を変更する時は「ライセンス移動」が必要です。どんな時に手続きが必要になるかなどの、詳しいご案内。

関連コンテンツ