テキストエディタでの編集方法

「すぐ使えるCGI」のファイルは全て製品の対応文字コードで保存されており、設定の際にお使いになる編集ツールが文字コードと保存形式(=テキスト形式)の両方に対応していないと、編集後のファイルが文字化けしたりCGIがエラーになる事があります。

このため、「すぐ使えるCGI」のデザインテンプレートや CGI ファイルを設定のために編集する際は製品の文字コードに対応のある「テキストエディタ」で編集して下さい。このページでは、適したテキストエディタの選び方をご案内します。

オーサリングツールでの編集について

デザインテンプレートファイルを編集する場合は Dreamweaver やホームページビルダーなどのオーサリングツール(Web編集用のツール)でも編集できます。

一方、CGI ファイル(拡張子が .cgi のファイル)をオーサリングツールで編集してしまうとエラーの原因になる事がありますので、お使いのツールが CGI の編集に対応しているかどうかが分からない場合は、CGIファイルはオーサリングツールではなくテキストエディタで編集して下さい。

「テキストエディタ」とは

「テキストエディタ」とは、書式設定の無い文字の羅列だけを読み書きできる編集ツールの総称です。Windows 標準添付の「メモ帳」や Mac OS X に標準添付の「テキストエディット」も「テキストエディタ」です。ただ、「テキストエディタ」なら全てが「すぐ使えるCGI」の設定ファイルの編集に適している訳ではなく、「すぐ使えるCGI」の文字コードと、テキストエディタ側の機能が適合していないと編集がエラーの原因になってしまいます。

文字コード対応有無の確認方法

お使いになっているテキストエディタでの保存時に製品の文字コード(または下表の対応文字コード)を選択できるオプションがあればそのエディタで編集して問題ありません。もし選択できなければ別のテキストエディタを入手して下さい(候補を後述します)。

製品の文字コードと代替可能な保存文字コードの名称

製品の文字コードと全く同じ文字コードが選択できない場合は、以下のいずれかでも問題ありません。但し、表の下の注意点もご確認下さい。

製品の文字コード 同等の文字コード
UTF-8 Unicode、ユニコード、BOMなし UTF-8、UTF-8N
Shift_JIS シフトJIS、CP932
EUC-JP 日本語EUC、EUC
GB2312 中国語EUC、簡体字中国語、簡体字中国語EUC
ISO-8859-1 Latin1、西ヨーロッパ言語、西ヨーロッパ言語 ISO、西欧

UTF-8の場合の注意点

UTF-8 の保存形式は、「BOMなし」と「BOM付き」があります。UTF-8 の「すぐ使えるCGI」製品を使う場合は、デザインテンプレートファイル、CGIファイルとも「BOMなし」の UTF-8 が保存できるテキストエディタを使って下さい。

Windowsの「メモ帳」についての注意点

Windowsの「メモ帳」は「UTF-8」には対応していますが「UTF-8(BOMなし)」への対応がありませんので、Shift_JIS 版以外は編集に使わないで下さい。

Macの「テキストエディット」についての注意点

Macの「テキストエディット」は「BOMなし UTF-8」には対応していますが、「改行コード」と呼ばれる見えない記号の変更ができず、CGIファイルを編集するとエラーになります。CGIファイル編集には使わないで下さい。

テキストエディタのご紹介

お手元に適したテキストエディタが無い場合は、他のテキストエディタを使って下さい。いくつか候補をご紹介します。

オンラインのテキストエディタ

とりあえずの編集に使える、「すぐ使えるCMS」の姉妹サイトのオンラインテキストエディタです。

すぐ使える多言語対応エディタ(オンラインツール)

インストールタイプのテキストエディタ

本格的に編集を行う場合、対応ソフトの購入等をおすすめします。

製品名 OS 備考 詳細
(別サイト)
EmEditor
(エムエディタ)
Win フリー版と有料版があり EmEditor
秀丸エディタ Win シェアウェア 秀丸エディタ
mi Mac(OS X) フリー、簡体字中国語対応なし mi
Jedit Mac(OS X) 有料 Jedit

関連記事

CMS(ホームページ更新ツール)のデザイン設定時に、先にHTML形式のデザインサンプルページ(モックアップ)を作ってからそれをホームページのデザイン反映させる方法。サンプルを作るときの留意点や、HTMLコードのどの部...

関連コンテンツ